レノクロス

作業服や作業着の総合サイトDAIRIKI | 大川被服株式会社

レノクロス


Nozomiです。今日は、レノクロスについて勉強します。

レノは、搦み織という特殊な織組織である。搦み織は、並んだ2本の経糸が、互いに右側になったり左側になったりして搦み合い、その間に緯糸を通している構造である。

夏の和服地の、紗や絽は搦み織である。いずれも、経糸と緯糸とが密着しないで、隙間が広く、透けた服地だ。

レノクロスは、平織と搦み織とを組み合わせて織ったものだ。絽の一種である。そこで、絽で織ってある箇所に隙間が生まれて、空気の流れはよくなり、見た目にも涼しい服地となる。縦方向に、規則的な波を打った太い経糸があることも特徴の一つだ。レースのように感じられる。

≪memo≫

素材 : 綿

織組織 : 平織と搦み織

特徴 : 隙間があり、風通しがよい

縦方向に規則的な波を打った太い経糸がある

岡山県倉敷市児島のユニフォーム屋さん

総合ユニフォーム製造メーカー

大川被服株式会社

カテゴリー: STAFFBLOG
blog comments powered by Disqus