ウール・ジョーゼット

作業服や作業着の総合サイトDAIRIKI | 大川被服株式会社

ウール・ジョーゼット


NOZOMIです。今日は、ウール・ジョーゼットについて勉強します。

ジョーゼットは、ジョーゼット・クレープというのが正しい。

ジョーゼットといえば、シルクの、透けた薄くて軽い、ストールのシホン・ジョーゼットをイメージするかもしれない。が、ウールにも、梳毛糸も用いたジョーゼットがある。この場合、シルクのジョーゼットと区別するために、頭に「ウール」をつける。

シルクのものもウールのものも、織糸に、強く撚りかけた糸を用いている。その糸を、ウールの場合、クレープ糸、あるいは縮緬糸とよんでいる。

ウール・ジョーゼットの糸の配列は、経緯とものS撚りのクレープ糸とZ撚りのクレープ糸とを1本交互である。

シルクのジョーゼットの織組織は、平織である。が、ウール・ジョーゼットの場合は、平織のものと、梨地織のものとがある。このごろでは、ウール・ジョーゼットといえば平織のものである。梨地織のものは梨地ジョーゼットとよんで平織のものと区別している。

平織のウール・ジョーゼットが利用されるわけは、

・価格が梨地織のものよりも安い

・糸と糸との間があいている

・軽い  ・薄い

・マット  ・シャリ感がある

などである。

平織のウール・ジョーゼットは、ウール・ボイルと似ている。違いは、ウール・ジョーゼットの布面には、縮緬じわとよぶ細かな凹凸がある(これをシボという)。

ウール・ジョーゼットと、双糸のクレープ糸を用いるウール・クレープを比べてみると、ウール・ジョーゼットは糸と糸との間が透けていて、薄い。ウール・クレープは糸間が詰まっていて、厚みがあってだらりとする。もっぱらレディス用。

≪memo≫

素材 : ウール(羊毛)

織組織 : 平織と梨地織がある

糸 : 梳毛のクレープ糸

色柄 :黒がほとんど

特徴 : 薄くて軽い マットな感じ、シャリ感がある

布面にシボ(縮緬じわ)がある

分かったかな??

カテゴリー: STAFFBLOG
blog comments powered by Disqus