ポーラー

作業服や作業着の総合サイトDAIRIKI | 大川被服株式会社

ポーラー


こんにちは!NOZOMIです。今日は、ポーラーについて勉強します。

ポーラーとは、pore=気孔、からきた名前。糸と糸との間に広くあいている服地というわけだ。梳毛糸を用いて、平織組織で織った、毛羽のない、光沢のある、硬めの服地だ。

ポーラーは、織糸に特徴がある。その織糸はポーラー糸といって、特殊な糸である。ポーラー糸は、3本の梳毛の単糸を用いている。それぞれの単糸は、Z撚りに強く撚った糸である。この単糸の2本を、S撚りに撚り合わせてつくった1本の双糸に、Z撚りの単糸1本が、Z撚りで強く撚り合わさって、1本の糸になっている。このような撚りを、ポーラー撚りといっている。3本の単糸を用いて、1本の撚り糸としているから、三子糸の一種である。

ポーラーは、このポーラー糸を経糸と緯糸とに用いている。そこで、手触りの硬さと、肌にべたつかずさらりとした肌触りとを生んでいる。そのうえ、しわになりにくく、なっても消えやすい。

プレーンなポーラー以外に、順逆ポーラーや三杢ポーラーなどもある。前者は順撚りと逆撚りの双糸を交互に経糸とし、緯糸は順撚りの双糸で織ったもの。後者は濃淡が異なる3本の糸のポーラー糸。

このごろでは、ポーラー糸を用いないでポーラーを名乗っているものもある。たとえば、梳毛の強く撚った双糸を経糸と緯糸とに用いたもの、あるいはその双糸を経糸とし、緯糸は単糸を用いたもの、などである。

ポーラーのオリジナルは、モヘア(アンゴラ山羊の毛)を用いた糸で織ったもの。その硬さ、さらり感、軽さ、光沢を模したものが今のポーラー。イギリスでポーラーと言っても通じない。フレスコ(fresco)とよんでいる。

≪memo≫

素材 : ウール(羊毛) (オリジナルはモヘア)

織組織 : 経織

糸 : 経糸、緯糸ともポーラー糸 梳毛糸

特徴 : 毛羽なし  光沢あり

硬め  ざらりとした肌触り

しわになりにくく、しわがとれやすい

カテゴリー: STAFFBLOG
blog comments powered by Disqus