金巾

作業服や作業着の総合サイトDAIRIKI | 大川被服株式会社

金巾


木綿というと綿とよぶよりも綿らしい感じがする。木綿といえばキャラコをイメージする。これは金巾の一種である。

ゆかたに用いられている生地は岡木綿といって、綿のやや太めの単糸を、経と緯同じ本数で平織りしたもの。この岡木綿と同じ太さの単糸で、少しばかり本数を多くして平織りしたものが金巾だ。

金巾は白の単糸で織った白生地だが、その糸を染めて色糸とし、白色の単糸(晒糸)とともに、金巾と同じ本数で織ったものが、ギンガムである。

金巾の白の単糸の「白」とは、綿繊維がもつ素材色のことで、純粋な白色ではない。淡いベージュのような色である。この色を生成とよんでいる。

綿繊維から紡いだままの単糸をそのまま用いて織物にしたものを、生機という。生機は精練・漂白して、白色の生地にし、服づくりに用いるのが普通である。単糸の場合も精練・漂白して晒糸とし、その後、糸染めして染め糸にするのが一般的。色を染めた糸を色糸(染め糸ともいう)とよんでいる。

金巾の場合の生機を、生木綿といっている。白色にしたものが晒金巾だ。晒金巾に濃い糊をつけるのをキャラコ仕上といい、この仕上をしたものが、キャラコとか、キャリコである。キャラコは、布面が平らで滑らかだ。それと硬さがある。

キャンブリックは、リネン(亜麻)の薄地織物のキャンブリックに似せて、シャキッとした手触りに仕上げてある。光沢があって、地が密、しかも薄地の金巾である。

金巾は、重宝な綿織物であるから、並級、上級、高級がつくられている。品位の低い順に、並キャラコ、上キャラコ、高級金巾となる。キャンブリックは高級金巾である。

≪memo≫

素材 : 綿、ポリエステル綿混

織組織 : 平織、経緯は同じ本数

糸  : 太めの単糸

特徴 : 漂白、糊づけしたキャラコ(キャリコ)は並級のもの、光沢があり薄地のキャン

ブリックは高級金巾

カテゴリー: STAFFBLOG
blog comments powered by Disqus